夏の雲海

トオヌップ現象(雲海)は秋の定番ふうけいかと思っていたが、ここんとこ夏の雲海を
見る機会に恵まれている。

秋の頃なら、太陽は六角牛あたりから昇るのだが、夏には白見山からの日の出となる。
d0001843_0323497.jpg

六角牛からの日の出もいいが、白見山からのそれは新鮮だった。
d0001843_033940.jpg

午前四時台は既に明るかった。この時期は超早起きしないと日の出を拝む事はできない。
d0001843_0333516.jpg

陽が白見山から離れるに従って雲海が染まる。
d0001843_0342863.jpg

d0001843_0341810.jpg

いい瞬間ダナー。
d0001843_0344074.jpg

「にょ〜」っと伸びる雲が面白い。
d0001843_0353391.jpg


空の変化に暫し見とれる。
d0001843_0362067.jpg

d0001843_036361.jpg

昨日、職場で偶々観たニュウスで「雲海を見ながらお茶できるテラス」の話題をやっていた。
沢山の人が訪れていて、素晴らしい眺めを見ながらお茶しているシーンが映っていた。それは
それでいいのだが・・・・・・・・・・

・・・・・・・この場所にカフェは不要だと切に願うのは私だけではない筈だ。
[PR]
by tamachi69 | 2010-08-13 18:09 | 空、雲
<< 夏の雲海、その経過を看る 蝶の目 >>