新橋拾遺

これぞ本家「新橋」w
d0001843_8593245.jpg


今回の「新橋」。
「名物ポンヌッフ そば うどん」がさいこ〜
d0001843_0273861.jpg


新橋駅の日比谷口から反対側にはいとも簡単に抜けられる。
前日見たSL広場の辺りとは雰囲気が一変する。
d0001843_8261113.jpg


d0001843_0313232.jpg

高層ビルが林立する。
d0001843_0324230.jpg

こちらへ出たなら、是非見ておきたいものがありますね。
d0001843_0283234.jpg

「旧新橋停車場」と称するもの。
ビルを背景にしたレトロな建物である。
d0001843_0285111.jpg

この建物は、1872年(明治5)に開業した日本最初の鉄道ターミナル新橋停車場の駅舎の
外観を、当時と同じ位置に、できるだけ忠実に再現したものです。
(中略)
1924年(大正3)新設の東京駅に旅客ターミナルの機能が移り、それまでの烏森駅が新橋の
名を引き継いで現在の新橋駅となり、貨物専用駅となった旧駅は汐留駅と改称、物流の大拠点と
して戦前戦後を通じて東京の経済活動を支えました。
文明開化の象徴として親しまれた旧駅舎は、1923年(大正12)の関東大震災に際して火災
のため焼失し、1934年(昭和9)から始まった汐留駅改良工事のため、残存していたプラット
ホームや構内の諸施設も解体されました。
1986年(昭和61)、汐留駅はその使命を終えて廃止され、跡地の再開発工事に先立つ埋蔵
文化財の発掘調査が行われた結果、旧新橋駅舎とプラットホームなど構内の諸施設の礎石が発見
されました。1996年(平成3)、駅舎とプラットホームの一部の遺構が史跡「旧新橋停車場跡」
として国の指定を受け、この史跡を保護しつつわが国鉄道発祥の往事を偲ぶ為に、駅舎を再建する
事になったものです。

・・・・と、建物前の案内板にはあった。
d0001843_814487.jpg

素敵な建物です。
d0001843_9112515.jpg

内部は一部無料で見学できますが、撮影はここまでです。
d0001843_030379.jpg


新橋駅 汐留口にあった、「D51機関車の動輪」。
d0001843_0305143.jpg

D51形機関車は1936年(昭和11年)に誕生した機関車です。10年間で1,115両と
日本のSLでは一形式で最多の両数が製造され、戦前・戦後を通じて全国各地で主に貨物用として
活躍しました。「デゴイチ」などの愛称で親しまれ、蒸気機関車の代名詞にもなり、1975年
(昭和50年)のSL最後の運転迄重用され、使命を全うしました。
展示されている動輪は、1976年の総武・横須賀線乗り入れ記念として、北海道の札幌鉄道管理
局から譲り受け、鉄道発祥の地である新橋駅に設置したものです。

・・・と、案内板にはあったw
隣には鉄道唱歌の碑があります。


そして現在の汐留のイメージと言えば・・・・

この通路の先って・・・
d0001843_0331182.jpg

 アレかな?
日テレかな。
d0001843_0335928.jpg

カッコイイ曲線。
d0001843_0342612.jpg

東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」が行く。
d0001843_0345874.jpg


割と頻繁に運行しているようだ。
d0001843_0353316.jpg


新しさの中に、何気に古きものが存在を主張した街だ・・・・
d0001843_0364962.jpg

・・・・またしても、「ホッピー人気」w



d0001843_955432.jpg

素敵な建物なので、ユックリ観られなかったのが惜しかったです。
入り口には、以前のようすを知る事ができる貴重な写真がありました。
d0001843_912283.jpg

謎の窓。
d0001843_994316.jpg

素敵な窓。
d0001843_995775.jpg

このかわいの町名について知るのも面白い。
d0001843_9105168.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2011-02-09 09:02 | たまには違うばしょ
<< とこや 「遠野はどうしたーッ」 >>