豪壮な郷倉

晴天と陽気に誘われて、今迄気になっていたものの近づいたことがなかった場所へ。
d0001843_1945145.jpg

今日はこの地区にある神社のお祭りらしく、数人がこれからやってくる神輿を待っていた。
その中の一人に勇気を出して声をかけてみたら、この気になる屋敷の事を教えてくれた。

広大な敷地、長い土壁に囲まれた屋敷は今から4代前は帯刀を許された由緒ある家柄だったらしい。
d0001843_19481927.jpg

中に入っても大丈夫という事だったので、お邪魔してみた・・・・
d0001843_19485088.jpg

大小幾つかの蔵がありますが、嘗ては年貢米を貯蔵するところであったそうな。
d0001843_19492951.jpg

白壁が美しい。
d0001843_19501567.jpg

桜が咲いていたら尚良でしたが、今年は本当に遅れています。
d0001843_19504099.jpg

しかし、ウメは満開でよい香りが漂っていました。
d0001843_19512755.jpg

久々に歴史ある物件に触れました。
d0001843_19531969.jpg



紅梅もチラホラと咲いています。
日差しが強い日でした。
d0001843_19521019.jpg

カオスなウメ。
d0001843_19523697.jpg

遅れた分、一気にくるか、今年の春。

おまけ。

白髪のワンレン天狗。
d0001843_2202675.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2012-04-15 19:53 | たまには違うばしょ
<< 椿 「もえ」 >>