「11の日」の花火

昨夜、「LIGHT UP NIPPON」という催し物が行われた。
2011年8月11日、東日本大震災による津波の被害が特に甚大だった岩手、宮城、福島の太平洋沿岸の10カ所で「追悼」と「復興」の
意味を込めた花火が一斉に打ち上げられたのが始まりでした。震災に対する追悼の想いを風化させない、日本全体を元気づけたいという
思いから、今年も8月11日に「LIGHT UP NIPPON」が全14カ所で開催されました。

例によってテブレー花火。
d0001843_0125331.jpg

やる気あるんですかッ・・・な、手持ち撮影。
d0001843_0131510.jpg

それこそ、「バカにすんなー」って写りです。
d0001843_0133748.jpg

う〜ん。時間は短かったですが、今夜の花火は他所の地域からのご寄付によって打ち上げられました。震災直後に真っ先に駆けつけてくれた団体がある県からのものでした。
貧乏財政の私エリアでは、とても花火に費やす予算はないですからね。
違う地域にお住まいの方々のお陰で、暑い夏の宵のひとときの華やかさにココロ晴れやかになりました。

終わったあと、会場には花火の煙が流れてきました。
d0001843_015243.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2013-08-12 00:18 | たまには違うばしょ
<< お盆と黄色い花 ネコもダレル暑さ哉 >>