聖地での山口さんさ

遠野祭りの街中パレードの華といえば、あのピンクの衣装の「山口さんさ」に多数の票が集まること請け合い
(「なんでアナタが請け合うの?」と言われそう)。

これまで、そんな大きなイヴェント時に街中で拝見するしかなかったが、今回は静かな場所でその本来の姿を見る機会に恵まれました。
d0001843_061258.jpg

5月5日。遠野物語の聖地・土淵の山口にて。
夕方近くから小雨が降って来たが、薬師堂がある森の中迄は雨は届かず。
お陰で、ピンクの衣装の上に合羽を羽織る必要はなかったようです。
d0001843_093043.jpg

始まりました。
d0001843_0103549.jpg

パレードの大人数による舞いは確かに見応えがありますが、こういった本来の姿にお目にかかれる事もとても貴重なものです。
d0001843_0104394.jpg

d0001843_013472.jpg

何しろ、フェスティバルのように人に見せるものではなく、お社に奉られし神様に捧げるものですから。
d0001843_0135765.jpg

d0001843_0133835.jpg

役割を終えて、細い坂を下っていきました。
d0001843_0151093.jpg

静かになったところで祈りを捧げる人達が何組かおりました。
d0001843_0152848.jpg

森の中にひっそりと佇むお社。またいつもの静けさを取り戻しました。
d0001843_0162456.jpg

入り口の(元)リンボー鳥居を潜って帰るひとたち。
d0001843_017440.jpg

水車小屋前の葉桜。
d0001843_01736100.jpg

サービス♡サービス
d0001843_018483.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2014-05-08 00:18 | 神社・仏閣
<< 柵 進撃の連休ラスト >>