一目千本桜は、一目では見きれない

遠野の桜も漸く開き始めたようです。
四月中旬を過ぎて開花ということは、例年より早めに見頃を迎えるかも知れません。
そんな訳で、連休中に満開の桜に出会える可能性はビミョーな気配です。
d0001843_23492494.jpg

それはさておき(「さておく」なよ)、引き続き宮城の桜名所を巡ってみたいと思います。

宮城でも随一の桜名所といえば、県南の白石川沿いの「一目千本桜」でしょうか。
こちらも例年より若干早い開花となり、ここ一週間は曇りか雨続きでした。
先の日曜と、昨日の晴れは貴重な花見日和でした。

昨日は午前中晴れ、午後から曇りという予報だったので、早いうちから出発してみて正解でした。
平日だったにも関わらず結構な人出で、それでも土日の大渋滞ほどではなかったのが救いでした。
d0001843_2353697.jpg

雨上がりで、空気中に若干湿気を残していた感はありましたが、気温は高めで風はなく快適でした。
白石川の川面も穏やかです。

川の両側の桜並木は散策する人が絶えず、県外から来た人も結構いたようです。
たまたま話しかけられた人は埼玉から泊まりがけで来たようで、「埼玉の桜は散ってしまったけど、
こちらに来たお陰で花見を二回楽しめました」と嬉しそうに語っていた。
d0001843_23544289.jpg

d0001843_23575455.jpg

白石川西岸の遊歩道から東を望めば、もうひとつの桜名所「船岡城址」。

d0001843_23583188.jpg

川が蛇行する辺りの奥の方。視界が及ぶ限り桜でいっぱいです。
d0001843_23594466.jpg

かれこれ二時間程散策し、川の東岸に戻る頃には更に人出が増えていた。
d0001843_012118.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2015-04-17 00:01 | さくら
<< 桜並木と花吹雪とワンコと さるげぇし川とおろく >>