狐の坂道

カッパ淵がある土淵から青笹・上郷方面に向かい、途中道を折れると、田園・畑地帯から森に入る場所が先のお稲荷さんがある場所。
前日の記事へのコメントで、「人が狐に馬鹿された場所」と教えてもらうと・・・
急にそれらしい雰囲気を感じてしまい、我ながら単純。
d0001843_20203257.jpg

日中はまだしも、夕暮れ時は「ちょっとそんな感じかな」と・・・・
この坂道、往事は森を縫うように伸びた細い山道だったのかも知れない。
まっちゃ(町に)向かう途中でこの峠道を心細い思いで通る・・・不安が募りあらぬ事を考えていると狐に遭遇。恐怖が倍増して慌てふためくその者。
知らず知らずに狐の罠に嵌ってしまい、いつの間にか「馬鹿されて」いた。
朝になってみると、我に返り悔しさと恥ずかしさで地団駄を踏む。

・・・・なんて光景が思い浮かんできそうな、ちょっとおっかない道に見えてきた。

振り返れば山の間から覗く六角牛。
d0001843_20254016.jpg
d0001843_20255619.jpg

お稲荷さんがある小高い丘からも見える。
悪さした狐を、六角牛はどう見ていたんだろう。
[PR]
by tamachi69 | 2006-01-16 20:28 | 夕焼け小焼け
<< バイパス めっけもん >>