西日、傾きて今正に山に隠れる。

連休は終日良い天気に恵まれた。
今日は晴れ続きに疲れたかのような雨の週明け。
なんとバランスが取れていることか。


この3日間晴れとくれば夕焼け小焼けに出遭えるかと期待して、既に通いなれつつある山に行ってみた。
遠野で夕陽が綺麗なところ・・・といえば、『貞任高原』か『荒川高原』であろうと或るお方が仰っていたが、
今回貴重な晴れ日に当たったとなるとどちらを選ぶかは「鬼」な選択。
『貞任高原』では、一度夕暮れに遭遇しているので、今回はこちらを選んだ。
d0001843_9584999.jpg

時間はまだ3時台。
山に囲まれている遠野盆地は、日の入りが殊更早い。
天気予報では「4時15分」と出ていたが、実際に太陽が山の向こうに隠れたのは3時50分台だった。
場所を変えればもっと遅い時間に暮れるのだろうが、ここではそうもいかないらしい。
太陽との追いかけっこが始まった。
d0001843_10153384.jpg

d0001843_101197.jpg

d0001843_10155920.jpg

早池峰はほんのり朱に染まれり。
d0001843_1013391.jpg

例の木も沈みつつある太陽に照らされてシルエットと化す。
d0001843_1054595.jpg

やはり、このツーショットを見ないとね。
d0001843_1063436.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2006-11-27 10:06 | 夕焼け小焼け
<< 夕陽、「これなに」を照らす みかづき >>