社寺工舎

一昨日、あまり見ないテレビを観ることになった・・・・と、いうのも、遠野には世界に誇れる名匠・宮大工がいる、
そしてその方が「プロフェッショナル」という番組で取り上げられる話を、「こちらさん」にて伺っていたからだった。

松崎町駒木に工房を構える宮大工の菊池恭二さんという方がそうだ。
国宝級の建築物の改修・修復なども手がけているという。
その仕事振り、職人としての懐の深さや後継者を育てる様などを取材した番組だったが、なんとも凄い人が
遠野にいるものだと思った。
d0001843_20543532.jpg

この福泉寺の五重塔の設計施工にも携わったと聞いていた。
昨年、初めて中に入り幾つかある建物を見せていただくことができたが、第一印象は「まるで、京都や
奈良みたい」・・・・だった。
それは、「似ている」ではなく、「・・・・のような、遠野の雅」かも知れない。
うまく説明は出来ないけど。

特にこの塔の前からは暫く立ち去りがたく、周囲を何度か回ってはしつこく眺めてしまった。
素晴らしい建物群に感動し、正に「いいものを見せて貰った」といった感想を抱いたものだったし、これこそもっと
沢山の人に見て欲しいとも感じた・・・・・
d0001843_20582737.jpg
d0001843_20584325.jpg
d0001843_20585733.jpg



さて、この福泉寺。
建築物も素晴らしいが、見事な彫刻も見られる名刹でございます。
外から眺めるだけでは、勿体無い・・・・まだご覧になっていない方は中に入って素晴らしい匠が造られた
ものを堪能なさってみては。
(少なくても30分は時間をとってみることをお勧めします~30分でも足りませんが)
[PR]
by tamachi69 | 2007-06-14 00:03 | 神社・仏閣
<< そよぐ麦、まだ青く。 暫し、我慢をば。 >>