人気ブログランキング |

春の肝試し

・・・・みたいな。

雨のあえりあ。
その先は街中の桜の名所で、夜桜も楽しめるようではあるがこの寒さでは誰もいないだろう。
その上、例年なら咲き始めてもおかしくない時期であるにも関わらず今年は遅れているようだ。

己の勇気を試したい(人はそれを無謀という!)ひとは夜のにゃべくらやまに登ってみるという・・・・
春の肝試し_d0001843_2323438.jpg

人を誘う、夜目にも妖しいピンクの幟・・・・・いや、フツー誘われないって!
春の肝試し_d0001843_0323632.jpg

異界への通路を示すように連なる赤い灯。
春の肝試し_d0001843_2334760.jpg

灯籠と提灯が織りなす幻想の世界・・・
春の肝試し_d0001843_0325921.jpg

闇に佇む南部神社。
春の肝試し_d0001843_234439.jpg

静か過ぎる夜の境内。響くは雨音のみ。
春の肝試し_d0001843_2344365.jpg

連なる提灯、頭上で煌めくのは展望台の灯。
ここからは「さくらまつり」の文字が短い光の筋の塊に変形して見える。
春の肝試し_d0001843_23222567.jpg

闇夜に佇むのはなんともスリリングだ。感覚が研ぎすまされるのを感じる。

闇に潜むものがいるとすれば・・・
動物とかの類いもあろうが、寧ろ怖いのは・・・・・・・・

石段を降りた時には、市民センターの灯が消えていた・・・・・
春の肝試し_d0001843_0335974.jpg


町の灯り、豆腐店の灯り。現世に戻った気分。
少しずつ遠ざかる点々とともされた灯が、異界での宴のそれのように思えてしまうのは気のせいか。
春の肝試し_d0001843_2323595.jpg



注:けつして一人では試さないでください。
by tamachi69 | 2010-04-29 08:09 | 夜デジは楽しい
<< 五月になれど そういえば、この灯りが点いたようだ >>