人気ブログランキング |

十王堂のカツラ

ヅラじゃない、桂だ!
十王堂のカツラ_d0001843_0132781.jpg

黄色く染まるものだったんですね!
見ているようで見てなかったカツラの「黄」葉。
コスモス越しに眺めてみよう。ピンクの「もあもあ」がコスモスですw
十王堂のカツラ_d0001843_21341883.jpg

ハイ。コスモス。
十王堂のカツラ_d0001843_21161196.jpg


それにしても立派な樹です。
十王堂のカツラ_d0001843_23325767.jpg


十王堂のカツラ_d0001843_2134436.jpg


カツラの傍には、遠野物語に描かれている「会下の十王堂」。
印象深い話がある。

会下の十王堂の別当の家で、ある年の田植え時に、家内じゅうのものが熱病にかかって、
働くことのできる者が一人もなかった。それでこの田だけはいつまでも植つけができず黒いまま
であった。隣家の者、困ったことだと思って、ある朝別当殿の田を見廻りに行ってみると、誰が
いつの間に植えたのか、生き生きと一面に苗が植え込んであった。驚いて引き返してみたが、
別当の家では田植えどころではなく、皆枕を並べて苦しんでいた。怪しがって十王堂の中を覗い
てみたら、堂内に幾つもある仏像が皆泥まみれになっていたということである。 
(遠野物語 六八)【再掲載】 



遠野町会下にある十王堂でも、古ぼけた仏像を子供たちが馬にしてあそんでいるのを近所の者が
神仏を粗末にすると言って叱りとばして堂内に納めた。するとこの男はその晩から熱を出して病んだ。
そうして十王様が枕神に立って、せっかく自分が子供たちと面白く遊んでいたのになまじ気の利く
ふりして咎めだてなどするのが気に食わぬと、お叱りになった。巫女を頼んで、これからは気をつ
けますという約束で許されたということである。 (遠野物語拾遺五三)



市中心部の一部はここ数年でだいぶ変わったところもあるが、ここはその中でも特に変化の大きい
一角といえる。
貴重な遺産は残ったものの、周辺は区画整理され、以前の様子を知るひとが見たらその違いに唖然と
することだろう・・・・
十王堂のカツラ_d0001843_23341761.jpg

鳥居の傍の赤い実・・・葉のかたちから、アスパラガスの実ではないかと思う。
十王堂のカツラ_d0001843_2338475.jpg


だから、毎度キニナルもの。
十王堂のカツラ_d0001843_23425725.jpg

裏の空き地をまがってみたら、ネコジャラシが揺れていた・・・・・
十王堂のカツラ_d0001843_2342396.jpg


ウワサの表示を確認してみて笑う。
十王堂のカツラ_d0001843_21352576.jpg

・・・・・・・ガムテープで隠したな!
by tamachi69 | 2010-10-07 22:22 | 神社・仏閣
<< カントーへ・・・ 闇に煌くバイパスの城 >>