人気ブログランキング |

田瀬湖西(半)回りルート

田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1065298.jpg

大きな朴の落ち葉に「ホォ〜」っと(ry

国道107号線から田瀬湖手前で左折してみた。
花巻から宮守駅手前に入るルートとしての選択だった。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1075332.jpg


超目立つ赤に目を奪われた。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10111931.jpg

長時間運転の際には休憩をとるのを最小限に留めているので、ここはお誂え向きの「ひといき」
地点になった。
この日、モミジは緑と黄色と赤。三色楽しめた。

もうひとつ目に留まったのはこれ。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10123879.jpg

第二東和丸という。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1013580.jpg

傍の案内板には;

花巻市東和町の田瀬地区は、小倉、中通、白土の三つの行政区に分かれ、農協の支所や派出所、
診療所、中学校があった中通集落が中心地となっておりました。
昭和二十九年の田瀬ダム完成に伴い中通集落が分断され、二十四戸が向田瀬側に取り残された
格好になりました。
田瀬大橋がまだ架設されておらず、田瀬湖の対岸に行く為のルートは、ダムの堰堤か、上流に
ある吊り橋の白金橋だけでした。当時はバスもなく、向田瀬と中通の約1キロメートルを結ぶ
ため、昭和三十五年に渡し船「第一東和丸」が就航しました。
その後、木造船の第一東和丸が老朽化し、昭和四十五年に鉄製の第二東和丸に引き継がれました。
船体の長さ九.五メートル、幅二.五メートルの十九人乗り。乗船は無料で、通学や通院、荷物
の運搬等に利用されました.最盛期は一日七往復運行していましたが、冬場は砕氷して航路を確
保するため、夜中も三回程運行し、所要時間は夏場は十分、冬場は三十分ぐらい要しました。

昭和五十七年、向田瀬地区迄道路が整備され乗合バスが運行されたことから、渡し船は廃止
となった・・・・・・とのこと。


展望所があったが、草木繁茂する様著しく最高のビューとはいえない・・・が、まぁいい眺めである。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1015308.jpg


ただ通過するだけならさほどの時間を要さない道だろうが、お天気のよさと辺りの山の彩りの美しさとで
何度も停車を強いられた。

田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10145011.jpg

途中、キニナル祠が幾つかあった。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10171176.jpg

やはり木がつきものです。
何の神社かは・・・・名前は確と判別できませんでしたけれども。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10164963.jpg

もうひとつ。アンテナと鳥居。
このに先も思わず「プッ:となるものがある。
それはまた次の機会に・・・・・
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1018399.jpg

田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10182627.jpg

田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1019524.jpg

田瀬ダムを渡り(これも次の機会に)、漸く遠野入りとなる。

国道283号線に合流する終点近く。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10193313.jpg

ちょっと趣がある酒屋。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10194957.jpg







田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10221844.jpg

・・・・って、「ブキ実」を持ってきてどうするんですかっ。

気を取り直して、「ミドリ」。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10224823.jpg

黄色。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10233024.jpg

美しく染まった木が1本ありましたっけ。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1933413.jpg

田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10234597.jpg


もみじの他に綺麗に色付いていたもの。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_10133344.jpg


最後はホッとするような可愛い「ポンポン」で〆。
田瀬湖西(半)回りルート_d0001843_1024950.jpg

by tamachi69 | 2010-11-16 19:33 |
<< たんせダム ダム湖に沿って走ってみた・・・ >>