人気ブログランキング |

祭りの頃に見かけるもの

初めてこれを見つけた時から、機会あるごとに同じ場所を通っている気がする。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_2359555.jpg

交通量が少ないお陰で、自分のペースで走っても咎められることが殆どない通り。
それこそ、「遅いのは牛でも出来る!」って位のユックリ走行です。
だからこそ目に留まるものがある。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_001041.jpg

今回、書いてある文字が判読できました。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_003445.jpg

「二百十日 雨風祭也」

お〜、遠野ならではのアレ。
「雨風祭り」※のものだったのですね。

風にヒラヒラ靡く也。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_0387.jpg
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_025733.jpg

道ばたに栗の毬が落ちていた。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_02578.jpg

付近にいて田畑を見ていた(たぶん)ひともゆっくり立ち去った・・・・この時間の流れがなんかよかった。
祭りの頃に見かけるもの_d0001843_031183.jpg


※【雨風祭り】:
 立春から数えて210日頃は、台風がくる時期なので、男女1対の人形をつくり太鼓をたたきながら
 雨風を北のほうへ送り、被害が少ないように祈る行事。
by tamachi69 | 2014-10-20 00:04 | 発見
<< 町並み 空と雲と・・・なんというの、こ... >>