人気ブログランキング |

夕陽を追ってはみたが。

「民話の里」を表現するなら、中沢の荒神様は外せない場所。
晴天のその日、夕焼けを期待して南へ向かって「その場所」に行ってみた。
季節柄、太陽が沈むのはお堂より南寄り。
夕陽を追ってはみたが。_d0001843_10264369.jpg

たんぼの南に広がる森に遮られ、残念ながら夕陽が建物を照らす光景には出遭えなかった。
「夏至」の頃に来れば或いは・・・・
夕陽を追ってはみたが。_d0001843_10282294.jpg

こんな近くにお堂に近づけるのも、稲の刈り取り後だからこそ。
夕陽を追ってはみたが。_d0001843_1049973.jpg

それでも、反対側の六角牛はまだ青い空に映えており、雪を被った早池峰は一部夕焼け雲に隠れながらもいい雰囲気を見せていた。
夕陽を追ってはみたが。_d0001843_103051.jpg
夕陽を追ってはみたが。_d0001843_10303561.jpg

ところが、思いがけずこの付近でいい夕焼けに出遭えた。



それは、今日になるか明日になるか・・・・です。

いつも当サイトをご覧頂き、有難うございます。
このサイトを始めて一年半が過ぎ丸二年まであと約3ヶ月といったところですが、まさかここまで続くとは思いませんでした。
これも、ひとえにご覧頂いてくださる皆様あってのことです。

サイト管理(しくみ?)の関係上、どなたが「五萬人目」を踏まれるか全く分かりません。
でも、其の瞬間は分からずとも、嬉し・有難い気持ちを以って楽しみにしております。

夕陽を追ってはみたが。_d0001843_1144670.jpg

夕陽を追ってはみたが。_d0001843_1152168.jpg

by tamachi69 | 2006-12-23 10:31 | 名所
<< 気が付けば五萬人。 「ひまわり」近くには・・・・ >>