人気ブログランキング |

遠野郷、不思議の里のレイライン

『レイライン』・・・・・・・真っ先に思い浮かぶのはイギリスのソールズベリー※ですが、
遠野にもレイラインがあるという。
というか、あって然るべき土地柄だなんて思っています。

今回は前フリが異常に長いエントリなので、てきとぅ~に読み散らかしてあげてくだ
さいませ(どっかの真似)。

何故、遠野郷にレイラインの話題が出てくるのか・・・・これは想像の域を超えていま
せんが、偶然か必然か、「それ」を連想させる要素が多いことがその理由です。

遠野郷は嘗て、金を始めとした鉱物資源が採れた地であり、内陸部と沿岸部を結ぶ
交通の要衝でもあった。
舘の多さも、この地が持つ歴史的或いは地理的背景を考えてみると、「なるほど」と
頷けるような気がする。
歴史は詳しくないので、その辺りは「こちら」「あちら」をご覧頂いたほうが賢明でしょう。
ここでは、単に「遠野郷に散らばる特殊な或いは重要な場所(神社や山の頂上など)
は何故か一直線上で繋がっている、ということを挙げてみたいと思います。
そもそも、レイラインとはなんでしょう。

【レイライン】:
レイラインは、古代記念物や巨石のような、考古学上重要なの土地の(仮説的)な
一列配置を指し示す。
その存在は、1921年、アマチュア考古学者Alfred Watkinsにより示唆されたといわ
れている。
そのような現場の一列配置の存在は容易に証明される。しかし、これら一列配置の原
因は、まだ議論の途中であり、解釈の領域がいくつかある。
考古学研究の新分野・考古測地学において、先史時代-古代-現代のおびただしい
数の社会が、有用な地点をむすぶ直線を使用している・・・考古学者らは、これらの伝
承を人類の建造物と活動領域が、人類の直線使用を反映するであろうと期待すること
は理にかなっている・・・・・・・・・・
 と、いう。


ここでいうラインは、先の来内「伊豆権現神社」から始まり、終点は「早池峰山」となる。
二つの地点を結ぶ線の間に点在するものは・・・・・・
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_9522756.jpg

(南から順に)「日枝神社」・「白幡神社」・「野田稲荷」・「元八幡」・「天ヶ森」・「菅原神社」・・・・・
そして、大出の「早池峰神社」・・・・・


日枝神社
ここも線上にあったのは意外でした。
神社が鎮座する山の名は「大日山」。
思わず「むむむ」と唸ります。
境内には江戸時代から残るエドヒガンザクラの古木があり、知る人ぞ知る桜の名所でもある。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_13511916.jpg


白幡神社。(も、追加しました)
「さすらい地蔵」で知られていますが、ここもまた町中にひっそりと佇む小さな神社。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_9494835.jpg


宮代の元八幡
現遠野郷八幡宮のルーツ。
(この手前の「野田稲荷」は、まだ行ってませんのでいずれ!)
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_2092115.jpg


天ヶ森。
遠野物語において「天狗が住む」と言われた山。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_20111413.jpg


「菅原神社」。
遠野物語序文にも登場する。
昨年ここの例祭に行ってみたが、昔ながらの「鎮守の森」の祭りといった雰囲気がとても
よかった。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_21253289.jpg


線上から少し外れていますが、遠野三山の謂われを示す女神の石碑があり、その名
が示す「神遣(かみわかれ)神社」という名が気になる場所。
ひっそりと路傍に佇む小さな社ですが、女神三姉妹の石碑に纏わる不思議な話が
ある、曰くありげな場所でもあります。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_22571237.jpg


大出早池峰神社。
言うまでもなく、早池峰山の里宮。
嘗ては「妙泉寺」といわれていた。開基は今から約1,200年前。
境内には、茅葺屋根の拝殿など貴重な文化財が今も残る。
空間的にも他所とは違う厳粛な雰囲気が感じられる特別な場所と言える。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_2258778.jpg

この山門からは、晴れの日は「薬師岳」が見られるようになっています。
大出から直接早池峰を見ることは出来ないが、正にそれは薬師岳の真後ろに控えて
いる。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_22582924.jpg


レイラインの終点。
早池峰と前薬師(薬師岳)。
遠野郷、不思議の里のレイライン_d0001843_20532975.jpg

来内と早池峰を結ぶ線上には意図されて重要な「場」が設けられているのか、たまたま
そうなっているのかは諸説あるようですが、何となく古代ミステリーにも通じる不思議さ
がある。
これを単なる偶然と見過ごして終わるのか、「何かあるに違いない」と好奇心を掻き立
て地図を眺めてみるかは本当に人それぞれではありますが、何とも興味深いことだと
思うのは私だけでしょうか。

各神社と山との位置関係については、「こちら」の地図を参照されると分かりやすいです。

このラインは、更に北へと・・・・つまり、東日流(津軽)まで続くなんて話も何処かで聞いた。
そこまでいくとかなりマニアックな領域になるので、この辺で止めておきましょう。


しかし、話はこれだけでは終わらない。
単に一直線上に神社などが配置されているだけでなく、更に「ふしぎ」を物語るものがあり
ます。


さて、これは「続く」・・・・・・にすべきどうか。


※ソールズベリーのレイライン・・・「ストーンヘンジ」を始めとした巨石文明の遺跡が点在し、 
 crop circle(日本ではミステリー・サークル)が頻繁に出現する地でもある。
by tamachi69 | 2007-01-13 21:39 | これぞ遠野
<< 白い丘の向こうには 来内点描 >>