2006年 11月 17日 ( 1 )

砂子沢の田園風景、刈りいれ後。

「燃やしもの」をする遠野ならではの光景はここでも見られた。
昼日中から盛大である。
ハセ掛けの棒が等間隔に片付けられているのと相まって面白い光景でした。
d0001843_2325754.jpg

天日乾しにする稲もめっきり減ったという。
今は殆どが機械での乾燥だそうだ。
やはり、天日で乾した稲の方が旨いと伺っている。
d0001843_23253693.jpg

この、藁を束ねる労力もばかにならないでしょう。
今は藁の需要があると伺いましたが何に使うんだろう。
d0001843_23271972.jpg

こうやって見ると、なかなか可愛いです。
d0001843_23281085.jpg

石上山をバックに。
d0001843_23283135.jpg


おまけ。
長松寺の通称『ゲゲゲの木』。(←冗。雰囲気から勝手に名付けました)
『ゲゲゲの木』は、明るい陽の下で見ると妖怪らしさが半減するようだ。
もう、葉は落ちたことだろう。
d0001843_23295317.jpg

[PR]
by tamachi69 | 2006-11-17 09:46 | 田園風景