人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ

そう、そんな日らしいです。今日は。
海の向こうでは、なんですがね(w

それはさておき・・・ヨルにこの界隈を歩いてみれば。
d0001843_2336311.jpg

いいポスタァだナァ!
d0001843_2337796.jpg

ヨルのもみじ通り・・・静かです。
d0001843_0255739.jpg

これは少し離れた場所で見たものですが、白いムラサキシキブみたいな実がありました。
d0001843_23373830.jpg



・・さて。

遠野の紅葉を堪能中ですが、ちょっとお知らせを・・・
ブログ関わりでのご縁で知ることとなった北海道の美しい自然をご紹介されている
「北海道の四季を届けるakkun~だすよ~」さんのサイトがリニューアルし、
デジブックによるスライドショーがお目見えしました。
以前からあっくんがお撮りになった絵が動くさまをみたいと思っていたので、この度は楽しく拝見
させて頂きました。


あっくんが日々ブログにアップしているお写真からは、よく見る北海道の観光写真とは違う
いきいきした風景とその場の空気までが伝わってきます。
綺麗で迫力がある絵に動きと音楽が加わり、思わず見入ってしまいました・・・・

以前もあっくんのサイトを紹介したことがありますが、あっくんは道東の風景をこよなく愛し、
その思いがお写真からも伝わっています。
風景の美しさはいうまでもないですが、動物や鳥をとらえ描写する技の凄さには感嘆の言葉しか
出てきません・・・・時にはユーモアたっぷりな表情も見逃さず、特に冬の白鳥やオジロワシなどの
絵は大変見応えがあります。

北海道の魅力を堪能されたい方、またあっくんのプロフェッショナルな絵を見たい方は是非ご覧
ください。
「あっくんワールド」をクリックすれば、スライドショーが始まります。


ついでに作ったもの。

Published by デジブック

"Trick or Treat!"
by tamachi69 | 2009-10-31 08:23 | 夜デジは楽しい

田園都市の「田園秋風景」も終盤か・・・

強烈な色彩の空間が続いたので、ちょっと一息。

こちらは、どーんと広い空間での「稲壁」。
d0001843_23555852.jpg

錦織り成す山を背景に、刈り取りは最終段階に入っていたもよう。
d0001843_23573154.jpg

ハセ掛けの棒(w
d0001843_23581696.jpg

オキニの真っ直ぐ道より周辺を見渡す気持ちよさよ。
d0001843_2359138.jpg

ここ数日、毎日のように話題にのぼる高清水山を含む「向山」方面を望む。
d0001843_00848.jpg

カラスが一羽~
d0001843_005261.jpg

二羽~ 三羽~・・・・・・どころじゃありませんでした。
d0001843_015317.jpg

道路に出はってきたイナゴ。
d0001843_023516.jpg

蝶もいだったづもな。
d0001843_03684.jpg




週末、お時間がある方はこちらもどうぞ
by tamachi69 | 2009-10-30 08:01 | 田園風景

法門山福泉寺の「赤」 其の参 ハイライト

d0001843_23142833.jpg

美しい、多宝塔の造形。
d0001843_0502424.jpg

そして、オキニの回廊の辺りも隈なく染まっていました。
d0001843_23152490.jpg


春は桜のハナに埋もれそうな大観音堂を見上げる。
d0001843_23593016.jpg

勿論、大きな大きな観音様を見ました・・・内部は撮影できませんので、ご覧になりたい方は直接おいでください(w
d0001843_23594285.jpg

御馴染みの眺め。
物見山を望む。
d0001843_23595466.jpg


大観音堂、多宝塔が並ぶと壮観ですね。
d0001843_23571189.jpg


赤い手すりと赤い木々。
d0001843_005912.jpg

青い空と白い観音像。
d0001843_01882.jpg

振り向けば、多宝塔の一部と大観音堂がチラ見え。
d0001843_052485.jpg

オキニの回廊を下る。
d0001843_012411.jpg

その両脇、どちらも色の洪水でした。
d0001843_23582375.jpg

d0001843_23591238.jpg

そして・・・・・・・
d0001843_0729100.jpg

d0001843_0314828.jpg

五重塔。
d0001843_058457.jpg


日本が、世界に誇る匠による作です。

ここからの眺めもなかなかだ。
d0001843_0333943.jpg


More
by tamachi69 | 2009-10-29 00:20 | 神社・仏閣

法門山福泉寺の「赤」 其の弐

d0001843_21471280.jpg

お稲荷さん脇の「きいろ」。
d0001843_21464970.jpg



豊かな色に彩られた明るい森に心和む。
d0001843_21163831.jpg

再び、坂をずんずん行けば・・・・・・・・・・
アッ。ナントカ松がいた・・・汗
d0001843_21505099.jpg

「厄除け坂」の辺りは折り重なるような色彩空間でした。
d0001843_21513670.jpg

「男厄除け坂」、「女厄除け坂」と続きます。
d0001843_21595934.jpg

坂を登り切ったところも、「これでもかー」な赤の攻撃でした(w
d0001843_2212459.jpg

以前気になっていた建物の中は山神とか白山神社とかでした。
ここも沢山のものが祀られているのですね。
d0001843_2274132.jpg

大観音堂・多宝塔が並ぶ頂に到着。
途中、何度足を止めて色の饗宴に見入ったことか・・・・・・・ここまでクルマで来られるらしいが、
ユックリ歩いて辺りを見ないと勿体無いですね。
d0001843_2221055.jpg


サァ、この美しい建物はなんだろう・・・・・って、今更ながら素晴らしい造形に溜息をついた。
d0001843_2242281.jpg


More
by tamachi69 | 2009-10-27 22:06 | 神社・仏閣

法門山福泉寺の「赤」 其の壱

d0001843_2223768.jpg

・・・・って、この絵は一体ナーンデースカー。

・・・・これじゃあ!
d0001843_2224354.jpg

季節ごとにその時期ならではの風景が堪能できる遠野の中で、紅葉の時期をスルーするってテはないでしょうね。
一昨昨日すっきり秋晴れの下で、紅葉名所のひとつ福泉寺を詣でてみた。
それというのも、「こちらさま」にてその週末は最盛期の紅葉が期待できると知ったから。

「法門山 福泉寺」。
以前も紅葉の時期に拝観させて頂きましたが、とんでもなく見所満載で予定時間を大幅にオーバーして
しまった。
今回も倍近くの時間を掛けて観る結果となったが、それでも見ていない箇所は沢山ある。


と、いう訳で、覚悟をしてじっくり観ていこう・・・・・


離れたところからでも、山の上の部分が異常に赤く(笑)目立っていた。
初っ端からテンションが上がらずにはいられない美しさが目に飛び込んできた。
d0001843_22254413.jpg

d0001843_2328457.jpg

い、イキが詰まる色の洪水。
この中に鹿がいますので、キニナル方は探してみてください。
d0001843_23415030.jpg

坂を上れば、小さな鐘がある建物へ至りたり(w
d0001843_2237625.jpg

フフフ、かわいいやつよ。
d0001843_22371848.jpg

ハイ。本堂です。
d0001843_23335268.jpg

ユリの実をあちこちで見かけた・・・夏、ユリのハナと共に見る建物も素敵であろう。
d0001843_23364728.jpg


d0001843_23392345.jpg

モミジの下を歩くのは気持ちいい。
d0001843_2339394.jpg

ほんの序の口・・・・この先も倒れそうなほど激しく色づいてました。

More
by tamachi69 | 2009-10-26 23:43 | 神社・仏閣

週末色彩空間

d0001843_22311821.jpg

眩し過ぎる日差しと青空と・・・・・・・
d0001843_22312837.jpg

目立つ色彩に目を奪われすぎた週末。
d0001843_22371268.jpg


夕方、道すがらこんなものが目に付いた。
d0001843_2231492.jpg
d0001843_2231592.jpg

もしかしたら、灯りがともっていたかも知れないですね。
d0001843_2232229.jpg

夕焼けともつかないビミョーな空・・・・
d0001843_22325427.jpg

今日の月。
d0001843_22324164.jpg



・・・・・詳細は少しずつアップしていきます。
by tamachi69 | 2009-10-25 22:37 | 神社・仏閣

岳・早池峰神社


少しの間、「遠野物語デザイン展」の案内を貼っておきます~

期間:10月24(土)日~11月8日(日) 蔵の道ギャラリーにて。



早池峰ダムを経て岳集落まで来た一番の目的は此処。
d0001843_053118.jpg


d0001843_054571.jpg

小さな滝と流れに架けてあった橋の先には不動明王が祭られている。
d0001843_07569.jpg

・・・・・・・ねっ。
d0001843_073359.jpg


あれがもしかして、神楽が奉納される神楽殿・・・・・かと思いきや。
d0001843_081118.jpg

参道脇には杉の大木。厳かな空気が漂います・・・って、結構楽しく歩いたのですが(w
d0001843_09041.jpg

林の間から見える山に畏敬の念を感じる・・・・これは鶏頭山か。
d0001843_0845100.jpg

ここも「妙泉寺」と呼ばれていたのか・・・・・・・・
d0001843_092695.jpg

くぐり拝殿の如き門。
境内は結構広い。
d0001843_095259.jpg


こちらが神楽殿。
思ったよりも観客席(と、いったらいいのか)が狭いです。早池峰神楽が奉納される例大祭の夜には
何百人と集まると聞いていた気がするが・・・・・
d0001843_0101935.jpg

本殿の全体が見えるまでの高揚感・・・・
d0001843_011487.jpg


遂にきました・・・・・・・・・・・・・・
d0001843_0112566.jpg


More
by tamachi69 | 2009-10-22 23:50 | 神社・仏閣

そして、コンコルド広場・・・・

少しの間、「遠野物語デザイン展」の案内を貼っておきます~

期間:10月24(土)日~11月8日(日) 蔵の道ギャラリーにて。



そして、「オウシュウ紀行」も続きます。
そもそもは、遠野関わりでのオウシュウ行きでした。想いは遠くへ届き、そして再び帰って来る・・・
人と場所とのご縁はまこと面白いものです。



コンシェルジュリーの後にここが続くのはちょっと「重い」・・・・・かも知れませんが。
d0001843_2294418.jpg


広場の象徴、オベリスク。
エジプトのルクソール神殿のものが贈られたそうです。背後の建物は、向かって右は海軍省
で、左はホテル。
d0001843_22102611.jpg

オベリスクとは、古代エジプトの太陽の神を象徴する石柱。上方に向かって細くなり、先端が
ピラミッド形の巨大な一個の石の四角柱。
各面に象形文字の碑文や図像が刻まれている。寺院・宮殿の入り口の両脇に建てられた。
方尖柱。

d0001843_22103724.jpg

コンコルド広場と聞いて真っ先に思い出すのは、フランス革命によって裁判にかけられ有罪となった
王妃マリー・アントワネットが断頭台の露となった場所だということ。
d0001843_22104541.jpg


こちらはシャンゼリゼ通り、向こうにはシャルル・ド・ゴール広場(エトワール)の凱旋門が見えます。
後で地図でこの辺りの位置確認をしたら、すぐ隣はチュイルリー公園で、そのまた隣はルーブル
美術館ですから、ホントに世界遺産や世界的な名所が犇めき合う界隈だったのですね。
d0001843_22111093.jpg

広場の噴水。実は、意外と有名なものらしいです。
d0001843_2211087.jpg


陽が西に傾いているとはいえ、なかなか暗くならないサマータイムのパリでした。
d0001843_22124013.jpg


d0001843_22123243.jpg


オベリスクをつくづく眺めた・・・・本物のヒエログリフを目にしてなんだかフシギな気持ちになりました。
これを作り出した人も解読した人も凄い。
d0001843_22112057.jpg


d0001843_22112918.jpg

「どうやって運んだか」が、描かれています。
d0001843_22113710.jpg


噴水の水は絶えず・・・・
d0001843_22115361.jpg



wwwww
by tamachi69 | 2009-10-21 19:58 | オウシュウ紀行

「遠野物語 デザイン展」

d0001843_197385.jpg

遠野物語発刊百周年を記念して様々な催し物や展示会が予定されているようです。
その中で、近々「遠野物語デザイン展」が行われます。

期間:10月24(土)~11月8日(日)
場所:遠野蔵の道ギャラリー
主催:日本グラフィックデザイナー協会 岩手地区

遠野物語をモチーフとしたものが展示されるので、写真やイヴェントとはまた違った
「感性で描き表現する遠野」を見られることとなります。

遠野は目で見るだけではなく、「感じる」部分も大きいので、このような表現方法を
目の当たりにすれば、これまで見ていたのとは違う遠野が見えてくることでしょう・・・・
お時間とご都合が許す方は是非足を運んでみてください。

また、光栄なことに拙サイト管理人が撮った写真をお使い頂いた作品も展示される
予定となっています。
プロのグラフィックデザイナーで、今回作品を出展されるUreさんのサイトも是非ご覧
ください!
なんと、つい先日「遠野わらすっこアートくらぶ」というボランティアで、子供達に絵を
教えに来られていたそうです。
Ureさんの、繊細で「ふわっ」としていて煌きのある作品を見るとやさしいお人柄が感じ
られます・・・
またまた遠野がとりもつフシギで素敵なご縁ができました。


闇に浮かぶ僅かな灯り、その外には真の闇が広がる。
何かを感じずにはいられない空気があり、
d0001843_2013252.jpg

明るい陽の下でも目に見えない何かが潜んでいるに違いないと思わせる・・・そんな遠野。
d0001843_20142059.jpg

靄っとした風景も魅力である・・・・
d0001843_20385695.jpg


More
by tamachi69 | 2009-10-19 20:15 | イヴェント告知など

神楽の里・岳集落

9月30日、国の重要無形文化財第一号として知られている「早池峰神楽」が、なんとユネスコの無形遺産に登録されていたのですね。

d0001843_1945081.jpg

早池峰神楽はここ「岳(だけ)神楽」と「大償(おおつぐない)神楽」の二つがあるが、それぞれの特徴が
あるとのこと。

幾つかの家が早池峰登山者(など)の為の民宿を営んでいるが、「○○坊」という名は嘗ての
宿坊の名残らしい。
d0001843_19464925.jpg

登山のシーズンは勿論、八月アタマに行われる早池峰神社の例大祭の頃にはいっぱいになる。
(おそらく)何ヶ月も前からの予約で、少ない宿の部屋はすぐにうまってしまうのと、例大祭が必ず
しも休日に当たらないことから、これまで見る機会を逃し続けている・・・・
d0001843_19462482.jpg

早池峰登山の拠点、道はこの先少しずつ登りになっていく。
坂道の両側に並ぶ民宿など・・・
d0001843_19553998.jpg

d0001843_19463517.jpg


こういうものが干されていた。
d0001843_19444475.jpg

「ニワトリ」がかわいいです。
d0001843_1946571.jpg

バス停傍の駐車場の先には「七折の滝」の表示があったが、鶏頭山への道の途中なので山登り
のつもりで行かねばならないようだ。
その先に物欲しそうな視線を投げかけながら、駐車場をあとにした・・・・
d0001843_19471275.jpg

葵系のハナが印象的だったバス停。
ハチがぶんぶん飛び回っていた・・・・・夏の日。
d0001843_19472131.jpg
d0001843_19473014.jpg

by tamachi69 | 2009-10-18 20:17 | 名所